Slow life in America

道ばたで見つけた小さなたからものたち
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
細々とパン作り続けています



育児の合間に、細々とパン作りしています。

先日初めて焼いたハード系のパン。


いびつな形になってしまったけれど、ちゃんと焼きあがってくれました♪







パン作りは娘のご機嫌にすごく左右されてしまってます。
機嫌が悪いときはパン作りを中断し、生地を放置したまま・・・ということもしばしば。
娘のご機嫌と生地のタイミングが合わず結構大変です。

このパンは一次発酵中に何度かパンチを入れないといけないので、
いつものように発酵させている間に娘を散歩につれ出せない。。。
パンに付きっきりになってしまうので、頻繁に焼けないのがつらいなぁー。


| cooking | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0)
形が違うと・・・


最近、この生地(→「こちら」)を使っていろいろな形のパンを作るのにはまっています。
同じ生地で焼いても、形によって味わいにかなり違いが出てくるということが分かり
とても興味津々♪
今のところこのツォップ型が二人のお気に入り。
週に2回はこれを焼いて朝食で頂いています♪





| cooking | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0)
春の香り♪
花々が咲きほころび、小鳥達がさえずり、木々が芽吹き始めました♪
待ちに待った春です 

春といえば「イチゴ」!!
この甘酸っぱい香りは私にとって
春を連想させるものです。
子供の頃はこのイチゴをつぶしてお砂糖とミルクを
かけて食べるのが大好きだったなー。

冬に食べるイチゴと違ってこの時期のものは美味しいはず♪と
先日買って来たのですが、まだ時期が早かったみたい・・・
そのままで食べるのはちょっとまだ酸味が強かったので
苺ババロアを作ってみました。



うん、うん。 これなら酸っぱいイチゴも美味しく食べられる♪





| cooking | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0)
生クリーム入りフワフワパン


食パン生地の分量を少しアレンジし、ぬるま湯の代わりに
牛乳、生クリーム、水を入れて焼いてみました。
もちろん人肌に温めることも忘れずに!

フワフワ♪ 
そしてかめばかむほど、ほのかな甘みが口中に広がり、
子供の頃に食べたパンの懐かしさが甦ってきました♪
今まで作ったパンの中で一番キメ細かいフワフワのパンに仕上がりました。

生クリームが入っているためか、かなり食べ応えがあります。
見た目はそれほど大きくないのですが、一つ食べるとおなかにずっしり!

今度はこの生地で懐かしのジャムパンでも焼いてみようかなぁ♪








| cooking | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0)
Pierogi - ピロギ -
日本ではあまり耳にしない「ピロギ」
ピロギとはポーランドの家庭料理です。



ポーランド料理は、じゃがいも+肉が基本。
量の多さと素朴さはドイツ料理に似ているし、ロシア料理っぽい煮込み料理があったり、
ポーランドの食文化は地理的位置関係まさにそのもの。
私たち近隣の州にはロシアやポーランドからの移民が多いらしく、スーパーや
ビュッフェでこのピロギをよく見かけます。

ダーリンと遠距離恋愛中の当時、スカイプで毎日昼に夜に合計2時間も会話していたのですが
(よくもそんな時間を作れたな、そんなにしゃべって何が楽しいんだ、なんて突っ込まないで下さい。)
ある日、ピロギの話題になりました。
それまでピロギのピの字も聞いたことが無かった私の頭の中には、油で揚げたピロシキが浮かんでいて、すっかり「ピロシキをピロギと発音しているんだー」なんて勘違いしていました。
なんだか話がかみ合わないなー、とちょっと思ったりもしてました。
続きを読む >>
| cooking | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0)
ベーコンエピ


捏ねるほうのパン作り第三弾!
今回はベーコンエピに初挑戦しました。
パン屋さんで売られているようなベーコンエピには見た目も味もまだまだ程遠いですが、
無性に食べたくなったときに自分で作ることができると思うと心強く感じます♪
(日本のパン屋さんでは当然のように売られているお惣菜パンも菓子パンも
アメリカでは全くお目にかかったことがありません。)

アメリカの小麦粉は、薄力粉・中力粉・強力粉という分け方ではなく
bread flour とか all purpose flourといった分類で販売されています。
中力粉にあたるのがall purposeなのですが、今回これを使って焼いてみました。
本には強力粉と薄力粉を50%の割合で使われていたのですが、焼き上がりの写真から
するとクラムの感じがちょっと違うかなぁ。。。
だけど、ダーリンも美味しいと喜んでくれたのでヨシということにします☆




| cooking | 10:47 | comments(0) | trackbacks(1)
Pizza レシピ
イタリアで本場のピザを食べあまりの美味しさに感動した忘れがたい想い出がありますが、
そのピザにも負けない美味しいピザの作り方をご紹介します。
ただ、24時間ねかせる必要があるため前もって作らないといけないことと、長時間こねる必要があるのでかなり大変ですが、その価値は充分ありますよ☆

材料 (2枚分)
■生地■
砂糖 大さじ2
粗塩 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
ゆるま湯 3/4カップ
強力粉 2カップ
イースト 小さじ1
オリーブオイル 小さじ2

■仕上げ用■
オリーブオイル 適量
小麦粉 適量

■トッピング(基本)■
ピザソース 適量
フレッシュハーブ (タイム、オレガノ、バジル等 無ければドライで可)
モッツァレラチーズ 適量
お好みで玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム等々

続きを読む >>
| cooking | 07:55 | comments(2) | trackbacks(0)
パン作りの基本
昨日の答えは・・・・

「500円でわかる!基本のパン」でした。


今はブログをお休みされていますが、
いつも素敵でおっとこらしいパン作りの名人、
えーちゃん からパン作り初心者の私に
薦めてもらった本。
これも両親にリクエストして送ってもらいました。

届いた荷物をあけるや否や、この本を取り出し暫く読み耽ってしまいました。



続きを読む >>
| cooking | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0)
自家製パスタ
現在、捏ねないパン作りに夢中のダーリンが以前にはまっていたこと・・・
それはパスタ作り。

これで

・・・といってもパスタマシンに小麦粉、オリーブオイル、塩、卵、水 等々
材料を入れてスイッチを押すだけ 
→ 後は自動的に作ってくれる訳で
テクニックも何も必要ないんですけどね。
ただ、水分調整が難しくて、水分が多すぎても少なすぎても、
途中でパスタがちぎれてしまったり、粘りすぎて生地が出てこなかったりして、
上手に製麺できないんです。
そういう意味では、ちょっとしたテクニックも必要かな。

続きを読む >>
| cooking | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0)
Gooseberry
輝く翡翠色のベリー!


先日スーパーでberryコーナーを何気なく見ていたら
透き通った美しい翡翠色のベリーのパックが。
なんだかその緑がとても輝いて見えて思わず手にとってみるとラベルに"gooseberry"と。
「グースベリーだ!!!」と思わず叫んじゃいました。
かつて私はグースベリー呼ばわりされたことがあり、(※1)
それ以来グースベリーとは一体どういうものか、気になって気になって
長年過ごしてきてたのです。

それにしても不思議なネーミングですよね。
調べてみると、なんでも形がガチョウの卵に似ていることと、
その酸味がガチョウ料理にあうことからその名前がつけられたそう。
日本ではマルスグリ, 西洋スグリと呼ばれているらしいです。
サイズは小梅くらいの大きさです。

名前はちょっと野暮ったいけれど、こんな美しい翡翠色のベリーだったなんて、
感激でした。

※1 数年前、イギリスに留学していた妹のところに遊びに行った際、
   妹と出かけるとなると、どこに行くにも彼女の彼氏も一緒。 
   何故か気付けば私がお邪魔虫状態!!!
   イギリスではデートについてくるお邪魔虫をなぜかgooseberryと呼ぶそうで、
   「お姉ちゃんはグースベリーだぁー!」と妹からからかわれた苦い想い出が。
   だけど、ヨーロッパの中でイギリスほどグースベリーの価値を高く買っている国はないそう。
続きを読む >>
| cooking | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
↓クリックしてね☆
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
世界のデザイナー名作小椅子
世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmarunigood design
MoMAオンラインストアジャパン
clock
Organic
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS