Slow life in America

道ばたで見つけた小さなたからものたち
<< 12日目 朝市/ホテルでのんびり | main | 14日目  ニース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
13日目 移動日  再びニースへ
朝ホテルをチェックアウトし、ニースへ戻ってきました。
レンタルしていた車を返し、午後からマティス美術館、
シミエ・フランシスコ会修道院庭園、考古学博物館へ。

マティス美術館

市民がくつろぐシミエ公園内に、目にも鮮やかな赤い外壁の美術館がたたずんでいます。
オリーブの木々に囲まれた外観がとてもかわいいんです。
これらの窓は全部本物ではありません。だまし絵の窓もまぎれています。
アンリ・マティスの作品を展示するこの美術館は、
作品のほかに家具や装飾品などの遺品も展示されていました。
改装のため、2007年6月1日まで休館していましたが、
リニューアルオープンしてすぐ訪れることができました。

シミエ・フランシスコ会修道院庭園





花々が咲き乱れ、手入れの行き届いた庭園で過ごす時間は最高。
庭園に漂う花の香り、小鳥のさえずり、燦燦と降り注ぐ太陽の光・・・
時の経つのも忘れ、二人とも庭園を満喫しました。
突き当たりにあるテラスからはニースの街並み、地中海を一望することができ、
また違った角度からの景色を楽しむこともできました。

マティス美術館、シミエ・フランシスコ会修道院庭園は
亡くなった祖父と十数年前に一緒に訪れた場所。。。
あの時と変らない美しい庭園を見ていると
大好きだった祖父を思い出し、また一緒に来たかったなぁ・・・
ダーリンにも会ってほしかったなぁ・・・なんて思わず涙がこぼれそうになりました。


考古学博物館
青銅・鉄器時代から中世までの、陶磁器、コイン、彫刻、宝飾品、生活用具などが展示されていました。

敷地内には紀元前3世紀の浴場跡他の遺跡があります。

マティス美術館と隣り合わせにあります。


この日も一日充分堪能し、疲れ果ててホテルに戻りました。
夕食は、前回二人ともかなり気に入ったレストランへ再度行くことに♪
詳細は後日またアップします。







| travel | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://usa-life.jugem.jp/trackback/114
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
↓クリックしてね☆
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
世界のデザイナー名作小椅子
世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmarunigood design
MoMAオンラインストアジャパン
clock
Organic
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
モバイル
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS